床材別の特長とフロアコーティングなどの被膜

###Site Name###

床に使われているタイルでは、目的としている雰囲気づくりや用途によって、色々な種類が使用されています。

高級感や落ち着いた雰囲気を出す場合には、カーペットが使われることが多いです。
カーペットには材質が多々ありますが、材質によって耐久性の違いだけでなく、掃除方法も変わってきます。

特に洗浄などのメンテナンスでは、洗剤などの水分を多量に使用する場合は、材質によってはカーペットが縮んだりする可能性があります。

フロアコーティングの有益性の紹介です。

しかし、汚れを十分に除去するためには水分が筆意様な場合が多くなるため、慎重で丁寧な技術が必要なります。

木が素材となっているタイルでは、レトロでオシャレな感じや落ち着いた雰囲気を作るために使用されることが多いですが、水分を吸収しやすく、変形や変色してしまう可能性が高いため、カーペットと同様に水分を使用しにくいです。



保護膜として木のタイル用のワックスもありますが、ワックスを除去する必要がある場合は、水分を多量に使う剥離洗浄が必要となり、注意が必要となります。

塩化ビニール素材のタイルは扱いやすいタイルで、ワックスやフロアコーティングによって保護しておけば、比較的メンテナンスが楽です。


他の素材と違い、フロアコーティングなどの被膜によって、タイル自体へのダメージを防ぐことができますので、汚れが目立てばフロアコーティングやワックスの被膜をメンテナンスすることにより、新品同様のタイルへ戻すことができる場合もあります。

iemoの情報ならお任せください。